わたいりカウンター

わたいしの時もある

壁打ちボールからは壁の匂いがする


春くれば木がくれおほき夕月夜
おぼつかなしも花かげにして
(後撰/春中/62/題しらず/よみ人も)

 訳すなら「春くれば木がくれおほき夕月夜」春になると木に隠れてしまうことが多い夕方の月は「おぼつかなしも花かげにして」(ただでさえ)よく見えないのに花の影になって(さらに見えにくくなってしまった)、という感じか*1

 春の歌の大目標は、春を描くことだと思う。でも、何も直接描かなくてもいいのだな、と冒頭歌を読んで思わされた。夕方の月がおぼつかない理由として、茂っている木や花を描くことで、読者に春の気配を間接的に想像させるところがおもしろい。

 詠者はどんな景色を見てこの歌を詠んだだろう。月が昇っているし夕方も終わり頃で、木も茂っていてさらに花の影だから、けっこう暗い景色を見ていたのではないか。もしそうなら、茂った木や花の様子はよく見えなくて、詠者もそのぼんやりしたシルエットから春の景色を想像したのではないか。

 読者と詠者の体験してる景色が近くて「夕方の月、全然見えないっすね」「ですね。木も茂ってるし花っぽいシルエットもあるし、春ってことなんすかね」「あー、そうすね、そうかも」みたいな、お互いにお互いの方を見ないローテンションな会話をした気になってしまった。花火を見ようと高い場所に来てみたものの、ちょうどマンションかなんかで見えなくて発生したなんともいえない時間、あのあてをなくしてただぬるくなっていくだけのビールみたいな哀愁ある虚無の時間を一緒に過ごしたら、誰とでも仲良くなれそうな気もするけれど、あいにくどこの誰とも知れないので仲良くなりようもない。……もしかしたら、詠者もこの景色を見たときひとりだったのかもしれない。

あいさつくったく

 

いつのまに霞立覧春日野の
雪だにとけぬ冬と見しまに
(後撰/15/春上/よみ人しらず)

 訳すなら「いつのまに霞立覧(たつらん)春日野の」いつの間に霞が立ったのだろうか、春日野の「雪だにとけぬ冬と見しまに」雪さえ解けない冬だと思って見ていた間に(春が来ていたらしい)、という感じでしょうか*1。これだけ読むと立春の風物詩「霞」がいつの間にか立ったことを歌う春の歌なのですが、実は詞書が結構長めについていまして。それを読むと詠者の男が、宮仕えを始めてしばらくたった女性へ一月一日に送った歌のようなのです*2
 この歌のモチーフの女性は仕事を始めてから、いろんな男から言い寄られていたようで、詠者の男もその一人だった。ところが、詠者が声をかけた時にはつれなかったのですね。新しい仕事が始まって忙しいとか断られたのかもしれません、詠者はそれならと、冬の雪が解ける春を待つように、長い目で相手がこちらを見てくれるようになるのを待っていたようなのです。ところが女性は結局他の男性とくっついた。それを知って詠者の男が正月に送った歌ということらしいのです。
 あっけなく訪れる立春を驚く歌はたくさんありますが、その感情の裏地に気になっていた女性を他の男に取られた呆然を縫い込んで仕立て直すのは鮮やかな再解釈だと思いました。
 ふと、この歌を受け取ったとき、その女性はどう思ったのだろうという方に思考が流れました。この歌は恨み言の歌なのでしょうか。
 隠喩など使わず直接に、わたしはあなたのことを想っていたのに、あなたは別の人と懇ろになったのですね、というような歌だったなら文句のようなニュアンスを感じたでしょう。けれど、歌の表面で詠まれているのはあくまでも春の訪れです。気づいたら春になっていたというときは、まず驚いて、それから喜ぶものではないでしょうか。そう思うと「ああ、気づかなかったけど春が来たんだね……おめでとう、お幸せに。」というような肯定的なメッセージと受け取ってもいい気がします*3*4
 というわけで、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

*1:参考:「後撰和歌集新日本古典文学大系

*2:新体系記載の詞書を引用しておきます
女の宮仕へにまかり出でて侍りけるに、めづらしきほどは、これかれ物言ひなどし侍りけるを、ほどもなく一人にあひ侍にければ、正月のついたち許に、言ひつかはしける

*3:……学術的な正しさはさておき、今のわたしはそういう気分だったというところでお願いしたいです

*4:近況報告:昨年前半のわたしは際限ない自己否定感に包まれていて、なんというかやさぐれてたんですよ。でも、余していた時間で歌を文章を読んだり書いたり、それを話したりするうちになんとなく落ち着いてきまして。今楽しいことをこの後も楽しいと思えるように、やらないといけないことも見えてきて、食い扶持も少し見つかりまして、前向きになりつつありました。ただ、負の感情のホメオスタシスと言いますか、楽になるのは許さんぞ、みたいなこと言う自分が山道の脇からヌッと出てきまして。そいつから目を離さずに隙を探しつつ体はジリジリと後退したり、みたいなことをしてるうちに12月が終わっていました(その節はすみません)。というわけなので、わたしはこの歌の、気づいたら春になっていた衝撃と、なんか取り残されてる感じがする不安みたいなところに感情移入していましたし、その他人事みたいな春をそれでも祝福する歌なんじゃないかと解釈したいだけの理由がある人間です。負の感情で真っ黒な自分から、今のお前をどう扱っていいかわからない、と相談された時に、こういうよみ人しらず(やつ)もいる、と紹介したいのだろうと思います。「学術的な正しさはさておき〜」というのは、なので、そんなニュアンスです。そしてたぶん、これまでもこれからもここはそんな感じですが、それでもよかったら、今年もどうぞお付き合いください

人には人のときめきがある


春ごとに野辺のけしきの変わらぬは
おなじ霞や立ちかへるらん
(後拾遺/春/藤原隆経朝臣/12)*1

 わりと祝い祝いしがちな立春の歌の中で、冒頭歌はすこし冷静に春を眺めていて気になった。結句「立ちかへるらん」の主語が「春」ならば、たしかに四季は巡るものだしな、とわからないでもないのだが、去年と「おなじ霞」が戻ってきたというのはなかなか新鮮でおもしろい。霞が立つのは春が来た合図なのだけれど、これが去年の霞かもしれないと歌うことで、暗にこの春は去年のと同じ春か?と読者に考えさせるところもある。また、春も霞もいろんな歌の中で立っていたが「立ちかへる」ことはあまりなかったと思う*2*3

 春の野辺の景色を去年と見比べる冷静な歌のようでいて、読んでみるとちょっと変な(おもしろい)ところがあって、実際は詠者も霞に向かって「去年もお会いしましたか?」と問うてみたくなるくらいには、春の訪れにうきうきしていたのかもしれない。そう仮定すると、会社から駅を跨いだところにあるHUBに行ったら、普段職場ではもの静かな人がW杯で盛り上がっているのをたまたま目撃したようなうれしさがあった。わたしは気づかれないようにそっと店を出た。

 

 

 

*1:参考:「後拾遺和歌集新日本古典文学大系

*2:拾遺和歌集より前の勅撰集を調べてみたところ、春歌の中で「立ちかへ」が使われた一番古い例は

我宿にさける藤浪たちかへり すきかてにのみ人のみるらん(古今/春下/みつね/120)

があり、春との関係を匂わせているが、さすがに「霞」と「立ちかへ」の取り合わせだと

まきもくのひはらの霞たちかへり かくこそはみめあかぬ君かな(拾遺/恋三/816)

のみで、この霞は初句から続く序詞として「立つ」を導く霞であり、やはり「おなじ霞や立ちかへるらん」はかなり珍しい趣向と言えそうです。

*3:プレイリストでテーマ別に歌を並べるとなると、こういう今までの流れを汲みつつちょっと外した歌というのは重宝されそうですね

ラブコメの主人公みたいな

くまもなき月ばかりをや眺めまし
散りくる花の影なかりせば
(大納言經信集/33)

 明るい月夜と落花を歌った春の歌で、今日は年内最後の満月ということもあってか気になってしまった。訳すなら「くまもなき月ばかりをや眺めまし」曇りのない月だけを眺めていただろう「散りくる花の影なかりせば」もし(こちらへ)散ってくる花の姿がなかったならば*1

 大系の頭注に「月光の中に散る花の姿で、さらに風情を添えているのを賞でたもの。」とある。確かにこの月と落花という二つのモチーフが登場するところにこの歌の面白いところがあると思う。

 特に気になったのは、そのバランス感覚だ。多くの歌の場合、主題はひとつで、その主題を引き立てるために修辞や小道具を使い歌の世界を整えられていく。ところがこの歌は、月も花もどちらの格も落とさずに描いているのだ。少し欲張った構成ではあるが、動かぬ月と流れゆく花弁の取り合わせは対比が効いていて、双方を強調しているところがいい。

 もう少し掘り下げるなら、目移りできる贅沢を描いているところだろうか。私事だが、追っている週刊誌と月刊誌の発売日が同じ日になったりすると、やっぱりその日のうちに読みたい。もちろんたくさんの物語に情緒を振り回されていつもより疲れる側面もあるのだが、それに勝る満足感があるのも確かだ。エンタメの溢れる2020年代にあって、この「贅沢な悩み」というのは益々市民権を得ていくだろうと思うと、經信は中々先進的な感情に着目していたと言えたりしないだろうか。

*1:参考:「平安鎌倉私家集」日本古典文学大系

みっしりさびしい


まばらなる槇の板屋にをとはして
洩らぬ時雨は木の葉なりけり
(長秋詠草/52/冬歌十首)

 冬の落葉を描いた藤原俊成の一首。「まばらなる槇の板屋にをとはして」まばらな槙の板が屋根の家に音がして「洩らぬ時雨は木の葉なりけり」(でも)洩れてこない時雨は木の葉であるなあ*1、という感じの歌*2。洗濯物を干してるときに急に屋根から音がしたら、誰しもあせって外を確認すると思う。まして板葺きがまばらな粗末な小屋では、洗濯物どころか家にいる人の服が濡れてしまうのだから、屋根からの音を聞いた詠者の動揺はいかほどだっただろう。「洩らぬ時雨」という表現のあべこべさは、濡れる!と身構えていた作者の混乱であり、読者の興味を巻き込む力もある。それが最後に木の葉だと明かされる謎解きのような一首だ。

 けれど、もちろん短歌としての魅力も充分に具えている。1、2句目、4句目はマ行音で頭韻がなされていて、なにやら音がする頭上に読者の注意も向けさせる効果があった……とは言い過ぎだろうか。また3、5句目の「をとは」「木の葉」の押韻は、音の原因が木の葉であるという因果関係を押韻でも紐付けているところがなんともにくい。この歌で表現したいことと、頭韻や押韻などの修辞が有機的に結びついていて読めば読むほど味がするみっしりとした三十一文字になっている。

 この歌に魅了されて何度も読んだ読者なんかは*3「冬という季節を描くにあたって、板葺きの屋根の隙間が埋まるくらい木の葉が落ちた描写から、葉がすっかり落ちて枝だけになった寂しい木立の姿をほのかに想像させるなんて、こんなに奥ゆかしい冬の描写が今まであったか?」とネットに書き込むと思う。この歌の感情の核は時雨じゃなかった(濡れずに済んだ)「安心」だと思うのだけど、時雨じゃなくて落ち葉だったこと描写して、寂しい冬の到来を間接的にほのめかすこの「安心」と「冬」のとりあわせは、浅学ゆえか他に類を見なくてびっくりした。


*1:ここの「けり」は詠嘆で訳していますが、時雨かと思ったら木の葉だった、みたいなニュアンスなら過去でとるのもありかもしれません。

*2:参考:「平安鎌倉私家集」日本古典文学大系

*3:まあわたしのことですが……

閑かな夜


 ほととぎすをよめる
またねどももの思ふ人はをのづから
山ほととぎす先ぞききつる
和泉式部集/夏/22)

 歌は夏の風物詩ほととぎすの初音について歌っている。「またねどももの思ふ人はをのづから」待たなくても、思い悩んでいる人は自然と「山ほととぎす先(まず)ぞききつる」山ほととぎす(の声を)きっと最初に聞く、という感じか*1

 季節の訪れを教えてくれるほととぎすの初音は、聞くことが難しい。いつ聞えるかわからない声のためにずっと起きているわけにもいかないからだ。けれど、やむを得ず寝られないひとは、期せずしてその鳴き声を聞くことができるのでは? と歌っている。それは初音を聞ける人への羨望のようでいて、夜更かしするほど思い悩む人への慰めのような気もする。

 また、なんとなく口ずさみたくなる歌で、よく見ると韻が随所で整っている。特に「物思ふ」と「ほととぎす」は五音中四音も押韻していてたのしいし、この二語の韻律の近さはそのまま、実際の「物思ふ人」と「ほととぎす」の距離が声を聴けるくらい近いことも表わしているのではないか。また、ほととぎすの美しい声を聞きたいと暗に歌う歌の韻律が美しいのは、目で文字を追う読者に聴覚を意識させる点でも良さがある。

 たくさんの美点に、思わず「ブラボー」と声を出しそうになったけれど、なんとか思いとどまった。くちびるの前で人差し指を立てた和泉式部がじっとこっちを覗き込んでるような気がしたから*2

*1:参考:「平安鎌倉私家集」日本古典文学大系

*2:あのジェスチャーがいつから日本で普及していたかは、まだわかっていないそうです

おいおい


春の野は雪のみつむと見しかども
おひ出るものは若菜なりけり
和泉式部集/春/3)

 歌は春の訪れの気づきを歌っている。「春の野は雪のみつむと見しかども」春の野原は雪だけが積んでいると見たけれど「おひ出(いづ)るものは若菜なりけり」生え出ているのは若菜だった〜、という感じの歌*1。最後に「若菜なりけり」としているところがかわいくて採ってしまった。幼い子供が「ぜんぶ雪だと思ったらね、ちょこっと生えてたの!若菜!」とか言ってる情景を幻視してしまった。

 別に和泉式部は子供じゃないので、さりげない技巧としておもしろい掛詞を使っている。「雪のみつむ」の「つむ」は「積む」なのだけど、「摘む」ものでもある若菜の気配をなんとなく匂わせている。それに「おひ」という語は表裏があって「生ひ」であると同時に「老ひ」の気配もある。生まれてこの方、大人から赤ん坊、若菜に至るまで着々と老いている、というのは、やっぱり大人の視座であると思う。

 57577の最後で若菜を見つけたことを明かすのは、詠者のあどけない興奮を感じる一方で、掛詞の使い方に大人な機知を感じてなんともあべこべな魅力がある。冬と春の過渡期の歌として正しい形をしている、とするのは流石に言い過ぎだろうか。でも、そう言い切ってしまいたくなるくらいには、わたしはこの歌をいいと思っているらしい。

 

*1:参考:「平安鎌倉私家集」日本古典文学大系